本サイトは、Google広告及びアフェリエイト広告を利用しています。

大山Gビール「強吟(ごうぎん)」を飲んだ感想

大山Gビール「強吟(ごうぎん)」を飲んだ感想

限定ビール、大山Gビール「強吟」

ビアスタイル/オリジナル


大山Gビール「強吟」/久米桜麦酒

大山の麓で栽培・収穫した、鳥取が誇る幻の酒米「強吟(ごうぎん)」を副原料として使用し、清酒用吟醸酵母のみで醸造した特別なビール。ほのかに吟醸酒を思わせる香りと上品な甘さが楽しめる、贅沢なビールです。


にごりのある黄金色。ほとんど香りは感じません。


原材料/麦芽(ドイツ製造・イギリス製造)、米、ホップ
アルコール度数/7%

大山Gビール「強吟(ごうぎん)」を飲んだ感想

「シュワー」というような爽快な飲み口。口の中に甘味が広がるり、甘味が消えながらホップの苦味に変わっていく感じです。キレと甘みが特徴のビールです。お米の甘み?麹の甘み?フルーツ系の甘みではないのは確かです。ごめんなさい。🙏私は、飲み口は好みですが、味わいは苦手です。

大山Gビール強吟の個人的な評価
コク★★★★☆
キレ★★★★★
苦味★★★☆☆
(甘み★★★★☆)

ビールの説明に吟醸酒を思わせる香りと上品な甘さとあったので、余談です。
私の日本酒の好みは、日本酒度0~5、酸度1.7前後が好みです。
  • 日本酒度とは、マイナス(-)の数値が大きいほど糖分が多く(甘い)、プラス(+)の数値が大きいほど糖分が少ない。
  • 酸度とは、酸味や旨味をもたらす有機酸の量。数値が高いと辛口で濃醇。数値が低いと甘口で淡麗。
※日本酒選びのヒント!日本酒度、酸度だけで、甘口、辛口、飲みやすい、飲みにくいの判断は難しいですが、美味しいと思う日本酒があれば、その日本酒の「日本酒度」と「酸度」を目安に、日本酒を選ぶと大きく好みから外れることはないと思います。

レビューは以上となります。
機会がありましたら是非一度飲んでみて下さい。

このレビューが皆様のご参考になりましたら、幸いです。🙇‍♂️

【関連記事】
大山Gビールの他ビール、レビュー
↓ こちら ↓

コメント

エカス(ekas)、二日酔い・飲み過ぎ対策サプリの口コミと最安値

注目記事

淡路ビール、6種を飲んだ感想(レビュー)。口コミと評判

六甲ビール、6種を飲んだ感想。口コミと評判

「芳醇辛口」、「純米酒」。トップバリュの日本酒レビューと口コミ