本サイトは、Google広告及びアフェリエイト広告を利用しています。

地ビールって何?「地ビール」と「ビール」の違いについて

地ビールって何?「地ビール」と「ビール」の違いについて

筆者が初めて地ビールを飲んだ時、
「えっ!!!これビール?」
って感じでした。
近所のスーパーやコンビニで購入できる、普段飲みなれている大手ビールメーカーのビールのイメージが強く、「ビール = ラガー・一番搾り(キリン)、スーパードライ(アサヒ)、黒ラベル(サッポロ)、プレミアムモルツ(サントリー)」だったからです。
ちなみに、筆者は、キリンのラガー派です。
皆さんは、何派?
これらすべて、下面発酵で醸造されるラガービールで、ピルスナーと呼ばれるビアスタイルのビールになります。


地ビールって何?

1994年4月の酒税法改正により、1年間のビール醸造量が2,000キロリットルから60キロリットルに引き下げられ小さい醸造所でもビールを醸造することが可能となりました。

地方(地域)で醸造されたビールを地ビールと呼び、地酒と同じ意味合いで地ビールと呼ばれています。

地ビールとクラフトビールは同じ

クラフトビールは、アメリカで生まれた言葉です。
クラフト(craft)とは、手工芸品、民芸品という意味から、小さい規模の醸造所で、職人により醸造されたビールを「クラフトビール」と呼んだことからクラフトビールと呼ばれるようになった。
など諸説ありますが、地ビールとクラフトビールは呼び方の違いで、同じビールを指します。

「地ビール」と「ビール」の違い

冒頭に触れましたが、ビール = ラガー・一番搾り(キリン)、スーパードライ(アサヒ)、黒ラベル(サッポロ)、プレミアムモルツ(サントリー)などの大規模に醸造されている大手ビールメーカーのビールを一般的に「ビール」と呼び、地方(地域)の小さい規模で醸造されているビールを「地ビールまたは、クラフトビール」と呼んでいます。

地ビールは、大きく分けると「エールビール」と「ラガービール」の2つに分類されます。

地ビールは、醸造方法の違いから大きく分けると、上面発酵のエールビールと下面発酵のラガービールの2つに分類されます。(厳密には、自然発酵または天然発酵を加えた3つですが、ここでは、省きます。)
  • 上面発酵(エール)とは、ビールを醸造される際に、タンクの上に酵母が浮かぶもの。常温(15℃~20℃前後)で短い期間に発酵する。
  • 下面発酵(ラガー)とは、ビールを醸造される際に、タンクの下に酵母が沈殿するもの。低温(10℃以下)で熟成させながら時間をかけて発酵する。
上面発酵(エールビール)は、熟成期間が短めで、フルーティーさがあり濃醇な味わいのビールが多く、一方の下面発酵(ラガービール)は、熟成期間が上面発酵(エールビール)に比べると長く、爽快でキレのある味わいのビールが多い。

一般的な特徴

  • エールビール・・・フルーティーさがあり濃醇な味わいのビールが多い。
  • ラガービール・・・爽やかで喉越しがよく、苦味とキレのあるビールが多い。
日本のビールでは、下面発酵のラガービールが多いですが、上面発酵のエールビールの方が歴史的に古く、エールビールの後にラガービールが出来たという流れになります。

地ビールの味を決める「ビアスタイル」と「ホップ」

「ビアスタイル」

ビアスタイルとは、「エールビール(上面発酵)」・「ラガービール(下面発酵)」のような醸造方法をさらに細かく分類したもので、全世界には、100種類以上ものビアスタイルがあるとも言われています。
日本でよく飲まれている市販のビール(大手ビールメーカー)のラガービールは、「ピルスナー」と呼ばれるビアスタイルとなります。

透明感のある泡立ちの良い黄金色のビール。
カンパ~イ🍻って思わずなります。

ピルスナーは、世界的にも普及しているビアスタイルです。

下記で、基本的な地ビールのビアスタイルを紹介します。

「ホップ」

ホップは、アサ科のつる性多年草で、ビールには、雌しべの毬花(まりはな)と言う部分が使用されています。

ホップの効果

  • ビールに特有の苦味や香りを付ける
  • ビールの泡立ちをよくしたり、泡持ちをよくする
  • 雑菌の繁殖を防ぎ、ビールの腐敗を防ぐ

地ビールに多いビアスタイル

ピルスナー

  • 下面発酵で醸造されるビール(ラガービール)。淡色で明るく輝かしい黄金色。ホップが生む爽やかな苦味を特徴とするビール。
  • 飲みなれた親しみやすいビール。

【関連記事】ラガービール、ピルスナー・エクスポート・ヘレスの違いとレビュー (roina617.com)

ペールエール

  • 上面発酵で醸造されるビール(エールビール)。イギリスで生まれたフルーティーな香り、スッキリとした飲み口の濃色のビール。
  • 種類が豊富で、地域の特産物を使用したりと、地域性・醸造所の独自性が強いビアスタイル。
  • イングリッシュスタイル/フルーティーな味わいのビール。アメリカンスタイル/パンチのある香りと苦味のビール。


IPA(インディアペールエール)

  • 上面発酵で醸造されるビール(エールビール)。諸説ありますが、インドにイギリスからビールを運ぶ時にビールが腐らないようにアルコール度数を上げ、ホップをたくさん入れたことから生まれたと言われれいます。ホップが多く使われていることから、ホップ香が強く、パンチのある苦味が特徴のビール。
  • 醸造所の独自性が強いビアスタイル。
  • ホップの香り・苦味を味わいたい方向け。
IPAの中には、HAZY IPA(ヘイジーIPA、別名ニューイングランドIPA)やセッションIPAと呼ばれる、アルコール度数・苦味が抑えられたライトなビールもあります。


ヴァイツェン(白ビール)

  • 上面発酵で醸造されるビール(エールビール)。南ドイツで生まれた白ビールとも呼ばれるビール。大麦麦芽と小麦麦芽で造られ、フルーティーさを持ち小麦のまろやかさ・クリーミーさが特徴のビール。
  • フルーティーで飲みやすいビアスタイル。


スタウト・ポーター(黒ビール)

  • 上面発酵で醸造されるビール(エールビール)。スタウトは、アイルランドで生まれた見た目が黒い黒ビール。麦を焙煎することで黒色を出している。ポーターは、イギリスで生まれた見た目が黒い黒ビール。麦芽を焙煎することで黒色を出している。コーヒーやビターチョコのような焙煎香やコクが特徴のビール。麦を焙煎するか、麦芽を焙煎するかで味わいも異なります。
  • 好みがハッキリ分かれるビアスタイル。
最近では、バニラフレーバーを加えて、甘く飲みやすい「デザートビール」と呼ばれるものもあります。


好みで選ぶビアスタイル。

ビールの苦味が苦手な方

ペールエール(イングリッシュスタイル)、ヴァイツェン(ホワイトエール)、ゼゾン、ケルシュ、ニューイングランドIPA、HAZY IPA(ヘイジーIPA)、セッションIPA、など。

ビールの苦味がお好きな方

ペールエール(アメリカンスタイル)、ピルスナー、ブラウンエール、レッドエール、アンバーエール、IPA(ウエストコートIPA、ダブルIPA)、アルト、など。

地ビールに人気がある理由

ビールの主原料は、麦芽(モルト)・ホップ・酵母・水ですが、地ビールは、各醸造所(ブルワリー)が、独自の世界感を実現した作品とも言えます。
また、副原料にお米やフルーツなどを加えたオリジナルブレンド、期間限定ビールなどもあり希少価値のあるビールや、デザインも特徴的で贈答用、お土産としても喜ばれることから、根強い人気があります。







まとめ

今回は、地ビールの種類や日本で一般的に飲まれているビールのビアスタイル、地ビールの基本的な種類を紹介しました。
ビールには、100種類以上ものビアスタイルがあると言われていますが、日本でよく飲まれているのは、その中の1種類「ピルスナー」と呼ばれるビアスタイルになります。
日本で地ビールと言われている多くのビールは、上面発酵のエールビールで、代表的なビアスタイルは、ペールエール・IPA・ヴァイツェン・スタウト&ポーターが、地ビールに多いビアスタイルとも言えます。
機会がございましたら、ぜひ、地ビールを味わってみて下さい。
地ビールの奥深さが感じられ、ビールの新たな楽しみ方を発見できると思います。

【 関連記事 】
↓ こちら ↓

ウソでしょ!!!グラスで味が変わる
↓ こちら ↓
クラフトビールの世界を探索しよう。
個性豊かな味わいをお届けするサブスクリプション
↓ こちら ↓

コメント

エカス(ekas)、二日酔い・飲み過ぎ対策サプリの口コミと最安値

注目記事

淡路ビール、6種を飲んだ感想(レビュー)。口コミと評判

六甲ビール、6種を飲んだ感想。口コミと評判

「芳醇辛口」、「純米酒」。トップバリュの日本酒レビューと口コミ